上之保ふれまち

上之保NOW

僕たち、しっかり守ってるよ!

かかし

 上之保温泉近くの田んぼに「かかし」が17体立っています。
 これは、上之保グリーン・ツーリズム協議会のほほえみ農園の田んぼの稲の守りとして会員が作って立てたものです。稲がスズメなどの被害にあわないよう、にらみを利かせていますが、温泉から見ると両手を上げて歓迎しているようにも見えます。
  ぜひ、温泉の食堂の前の広場から見てみてください。




 

上之保ふれまち

参加者募集中!「卓球を楽しむ会」

 上之保ふれまち主催、上之保卓球クラブ・上之保ほほえみスポーツクラブ共催で「卓球を楽しむ会」を計画しました。
 小学生以上ならどなたでも参加できます。初心者大歓迎です。参加者には参加賞が出ます。準備の関係上、事前に申し込みください。
申し込み先:上之保生涯学習センター 電話;0575−47−2500 FAX;0575−47−2772
    詳しくはこちらをクリックしてください。「卓球を楽しむ会」



やっとかめやね まめなかな開催!

まめなかな

14日(金)に、上之保ふれまち主催、日赤川合分団共催で「やっとかめやな まめなかな」が開催されました。
 今年は「渕上雅代歌謡ショー&保健師さんによる運動講座」でした。朝方の激しい雨で参加者来られるか心配されましたが、会が始まるころは雨もやみ、多くの参加者がありました。参加者は、渕上雅代さんの「おまえさん」「暴れ太鼓メドレー」等の歌を楽しんだり、運動講座で体を動かしたりで楽しく一時を過ごしました。





今月のミニミニギャラリーは「多恵子・千加子 趣味の二人展」です。

二人展

今月のミニミニギャラリーは「多恵子・千加子 趣味の二人展」です。  船山出身の従姉妹である多恵子さんと千加子さんが趣味で作られた軍手人形、エプロンシアター、花のリースが所狭しと展示してあります。多恵子さんが退職後の余暇を利用して作った軍手人形は、「ネズミの嫁入り」「泣いた赤鬼」など童話を基に作られています。人形が着ている服は古着を再利用し、手作りしたものだそうです。どれも表情豊かでかわいいものばかりです。千加子さんが娘の結婚式のブーケを作ったのがきっかけで始めた花のリースは、大小さまざま、またいろいろな色の花がいっぱいつけてあってとても華やかです。

軍手人形




これらの作品でエントランスホールが一層明るく華やいで見えます。学習センターへお越しの際は、ぜひご覧ください。






「ええとこ上之保写真コンテスト」作品募集!

 上之保ふれまち(上之保ふれあいのまちづくり推進委員会)では、「ええとこ上之保写真コンテスト」の作品を募集しています。
上之保の風景(四季)、イベントや祭り、暮しの中で上之保の魅力を感じる場面を写真にして応募ください。
     詳しくは「ええとこ上之保写真コンテスト」募集チラシ募集要項を参考にしてください。



イベント情報

アマゴつかんだよ!マスをつったよ!

アマゴつかみ

 16日(日)、ネイチャーランドかみのほで「アマゴつかみ取り体験&マス釣り体験」が行われ、家族連れ約180名が参加しました。 当初は両体験で150名の予定でしたが、多くの希望者がいて180名までに増やしたそうです。一昨日(14日)の朝方の雨で心配をしましたが、今日は水量は多少増えていましたが、つかみ取りには差し支えなく、開始時刻になると参加者は一斉につかみ取りを始めました。石にかがんだアマゴをつかむ子、つかもうと手を突っ込んだけどするりと逃げられる子、しりもちをついてしまう子など様々でしたがみな一生懸命に参加していました。

マス釣り



中にはアマゴつかみに夢中になっている父親、母親も見られました。  マス釣りにも多くの家族連れが挑戦していました。入れ食い状態で釣り上げる子、竿を早く上げすぎて何度もつり落としてしまう子などいろいろでした。攫んだり、釣ったりした魚を近くのバーベキュー棟でさっそく焼いてみんなで食べている家族もありました。  子どもたちにとって夏の思い出に残る体験になったことと思います。




エントランスホールに大きな七夕飾りを!

七夕飾り

 生涯学習センターのエントランスホールに大きな七夕飾りが飾り付けられました。 上之保小学校ふれあいクラブの7月の活動として、七夕行事にちなんで1日(土)に参加者で七夕飾りを作り、それを飾ったのです。星やちょうちんの飾りと共に「漢字テストで100点」とか「とびばこの6だんがとべますように」とか「家族が元気に過ごせますよう」などの願い事が書かれた短冊が飾られています。子どもたちの願い事がかなうとよいですネ。 上之保地域では七夕行事は旧暦に合わせ8月に行われることが多いようです。

以前のサイト


 
inserted by FC2 system